自動車を運転していると、どんなに注意して運転をしていても林道などを走ったりしていると、バンパーなどに擦り傷などがついてしまいます。そのような擦り傷ですが、業者に依頼してバンパー修理をしてもらうと、修理費用が掛かるだけでなく、修理に要する時間を消費してしまいます。大きな傷や凹みなど、自分で直せないようなものであれば業者でバンパー修理をしてもらう方がお金はかかりますが、確実でありきれいに修理することが可能です。しかし、擦り傷程度の軽い傷の場合には自分で修理した方が、簡単な場合もあります。自分で修理することにより作業費などの費用の削減になるだけでなく、自分の都合のよい時間に行うこともできるため、バンパー修理の方法を覚えておくことは大切なことになります。

修理に必要な道具を用意しましょう

どのようなものでも修理をするのであれば、何かしら道具を使用することになります。いざ修理をする段階になって道具が無かったり足りなかったりしないように、修理をする前に必要な道後を揃えるようにしましょう。バンパー修理で使用する道具には、カッターやタオルなどちょっとした際に使用するもの、サンドペーパーやコンパウンドのようにバンパーの傷を削ることにより表面を滑らかにするものがあります。そのほかにも、汚れや油脂を取る脱脂剤やパテを塗る際に密着しやすくする下地処理剤、深い傷などを埋めるためのパテがあります。そして剥がれた塗装を塗りなおすためにも塗料が必要となりますが、綺麗に塗料が塗れるように下地用の塗料も用意しておきましょう。また、下地用の塗料が飛んでもいいようにマスキングテープなども必要になります。

自分で行うときのバンパー修理の手順

バンパーを傷つけてしまったときは、バリが出ているときがありそのままサンドペーパーをかけてしまうと余計に傷が増えることがあるので、カッターなどでバリを除去していきます。その後、荒いサンドペーパーを水につけて、傷の部分を磨き塗装との段差をなくすように削っていきます。サンドペーパーで除去しきれない傷がでてきたらタオルで拭き、脱脂剤を付けて拭き、下地処理剤をかけて深い傷を埋めるようにパテを塗っていきます。パテが乾くと凹凸があるので、サンドペーパーで削り滑らかにします。次は再度、脱脂剤を付けて拭きバンパー樹脂がむき出しになっている部分に下地処理剤を塗ります。その後、下地塗料を塗りますが飛び散るので周囲をマスキングします。三回以上下地塗料を重ね塗りし、余分なところをサンドペーパーやコンパウンドで削り、塗料を塗っていくことが、バンパー修理の手順になります。