バンパーは車の中でも最も傷がつきやすい場所です。元来車のボディを保護するために取り付けられているもので、ぶつかってしまった場合などは曲がったり、破損することでその衝撃を吸収する構造になっているため、傷ついたり壊れてしまったりすることが非常に多いのです。しかし軽微な傷などで有れば比較的簡単に修理することが出来るほか、破損してしまった場合でも簡単に往還することが出来る構造になっているのも大きな特徴です。バンパーを修理する際には、基本的にはいくつかの方法を組み合わせて修理することになります。その基本的な方法を抑えておくことで、簡単に自分でバンパー修理が出来るようになるほか、自分で修理する方が安いのか、修理や交換を整備工場などに依頼した方が良いのかといった見極めも出来るようになります。

部分的な擦り傷やへこみはパテを使用しよう

現在の車のバンパーは殆どがプラスチック製なので金属のように叩いて整形するということはできません。その為、傷やへこみが発生したばあいにはパテを使用して修理するのが基本です。傷やへこみの部分にパテを盛って乾燥させた後、サンドペーパーで根気よく削りながら表面を滑らかにしていくというのがバンパー修理の基本的な方法です。その後、周囲と色を合わせて塗装をすれば完璧です。この方法を知っておくと大抵のバンパー修理は綺麗に行うことができます。但し、はじめはパテの使い方が慣れずに盛りすぎてしまったり、少なすぎて形が上手に整形できないことも有ります。その際には根気よく行うことでだんだん慣れてくるものです。パテはバンパー修理の基本なので、しっかりとその使い方を習得しておくと安心です。

大きな傷の場合やわれが有る場合には交換しよう

バンパー修理の基本はパテを使用して修理する事ですが、その状態によっては交換した方が良い場合も有ります。ひとつは傷が大きい場合です。傷が大きい場合には広範囲にわたって修復する必要があり、その労力は大変なものになります。又、塗装をする場合には実際には完全に同じ色で合わせることが難しいため、修理跡が残ってしまうものです。小さい傷であればあまり問題になりませんが、その箇所が大きいと見た目にも醜くなってしまいます。さらに、割れてしまった場合には基本的に交換することが必要です。バンパーは衝撃を吸収するものですが、割れてしまうとその衝撃を吸収できなくなってしまうため、修理をしても強度が低くなってしまうからです。大きな傷の場合やわれが有る場合には自分で修理をせず、整備工場に修理や交換を依頼することが大切です。