車を長く使用していると、どうしても様々な箇所に傷や凹みがいつの間にか出来てしまうものです。ぶつけたりこすったりした覚えがなくても、飛び石が当たって凹んだり、駐車場などで他の車のドアをぶつけられてしまい、傷が出来てしまうこともあります。こうしたボディにできる傷の中でも、特に多いのがバンパーに出来る傷です。バンパーはそもそも車を衝撃から守るためのものですので、必然的に傷ができやすい箇所と言えます。衝突など、激しくぶつかった時には大きく破損したり、深い凹みが出来てしまいますし、壁などに擦っただけでも塗装が剥がれてしまい、見苦しい擦り傷となってしまいます。あまりにひどい破損になると、交換が必要になりますが、比較的小さな傷であれば、補修で元通りにすることが出来ます。

自分でバンパー修理をして費用を節約する

バンパーに傷などの破損が出来てしまった場合、修理するのにディーラーや修理工場に依頼するのが一般的です。しかし、バンパー交換となると、かなりの金額になりますし、小さな傷を直すだけでも思った以上の金額になってしまう事もあります。傷は気になるものの、お金をあまりかけたくないという時には、自力でのバンパー修理にチャレンジしてみるのも良いでしょう。バンパー修理というと、素人には中々難しいと考えがちですが、バンパー修理用のグッズはホームセンターなどに売られていますし、初心者でも簡単に扱うことが可能です。小さな傷や浅い傷であれば、タッチアップペンで補修したり、コンパウンドで磨くだけでも消えることがありますので、それほど時間をかけなくても、目立たない程度には修理することが可能です。

より綺麗なバンパー修理をしたいときには

比較的深い傷や、面積の広い破損、あるいは大きな凹みといった場合には、自力での修理の場合ある程度のコツが必要になりますし、じっくりと時間をかける必要があります。しかし、時間をかけて丁寧に作業すれば、決して難しいものでは無いので、怖気づかずに挑戦してみるのも悪くありません。深い傷を埋めるとなると、バンパー用のパテを使用する必要があります。パテを埋めた後、そのまま塗装するとパテのムラが塗装に出てしまうので、紙やすりをしっかりかけて、表面を滑らかに処理しておくと良いでしょう。また、バンパーは樹脂で出来ているので、大きな凹みも直せる事があります。強力な吸盤で凹んだ箇所を引っ張ったり、お湯をかけて見たりすると、元の形に戻せる場合もあるので、試してみると良いでしょう。